その昔ブラバンでブカブカ吹いていた程度の人間が、思わぬきっかけから20年ぶりにアマチュア音楽活動?を再開することになった。 その悪戦苦闘ぶりをつれづれ書いてみます。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

以前参加していたバンドでは、ホーンはCorとA-Saxの2本体制でした。

SAXとCorでは楽器そのものの音量差があったのと、ソロパートでエフェクトをかけるのに
BEHRINGER 1002FXというミニミキサーを使っていました。
BEHRINGER 1002FX
こんなやつです。
これには、リバーブやコーラス、フランジャー、ディレイ、ピッチシフターなどのエフェクト機能がついていて(ネットでの評判はさておき・・・)、結構便利なんです。ファンタム電源も取れ、マイクも2本使えるしちょうど良かったんですよねぇ

今のバンドは4本(Tp、Tb、Asax、Tsax)なので自分用のエフェクターが無いかなぁ~ってネットを検索してみたんですが、もちろん管楽器専用のエフェクターなどは無いわけで(それでミニミキサーを買ったわけですが)、

でも、少し古い記事ですが、こんなのを見つけました。

SAX&Brass管楽器のためのエフェクター入門

なるほど、ボーカル用エフェクターかぁ
ちょっと研究してみる価値があるかな?
物欲が沸々湧いて来ています(笑)

下はアフリエイトです。


スポンサーサイト

テーマ:楽器 - ジャンル:音楽




















管理者にだけ表示を許可する




| HOME |

Design by mi104c.
Copyright © 2017 おっちゃんのセカンド「らっぱ」ライフ, All rights reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。