その昔ブラバンでブカブカ吹いていた程度の人間が、思わぬきっかけから20年ぶりにアマチュア音楽活動?を再開することになった。 その悪戦苦闘ぶりをつれづれ書いてみます。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2Gether 2Gether
Bill Charlap & Warren Vache (2001/06/19)
Nagel-Heyer
この商品の詳細を見る

ウォーレン・バッシェのコルネットとビル・チャーラップのピアノのみのアルバム。
前記の熱帯JAZZ楽団と一緒にamazonで買いました。
「ウォーレン・バッシェ」というコルネット奏者のことは、何かの記事かブログで知ったのですが、いろいろCDショップを探しても見つからず、恥ずかしながら今回初めて聞きました。

・・・とてもいいです! ちょっと大げさですが「探してた物が見つかった」感じです。

深く吸った息が、おへそからベルの先まで、つながったままゆっくりと吐き出されていき、全ての息が音に変換されて、後頭部の内側に当たり、脳天へ抜けていく・・・
マニアックな表現ですが、私の理想の音の出し方のイメージがここで体現されています。

トランペットとは違う、柔らかくも張りのあるコルネットの音色を、ゆっくりとした曲調の中で、しっとりと聞くことができます。

あーっこんな音で吹けたらなー
この夏の夜は、このアルバムを何度も何度も聞くことになると思います。
スポンサーサイト

テーマ:JAZZ - ジャンル:音楽




















管理者にだけ表示を許可する




| HOME |

Design by mi104c.
Copyright © 2017 おっちゃんのセカンド「らっぱ」ライフ, All rights reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。